電源確認LEDを付けてみた

10月 5th, 2016

メインで使ってるディスクトップパソコン、SSDに装換(交換)してるんだけど、なにせ一昔前のため120Gbyteで、容量がアップアップ。動画の製作やYoutubeの動画なんかも保存してるんで・・・当然と言えば当然。っで、不要なファイルを整理して使ってない、もう一個のSSDに丸ごとコピーして快適に・・・・と思って繋いだんだけど・・・ なんか上手くいかない。

インテルの120Gbyteだ。SerialATAをUSBに変換するアダプタを通してパソコンに接続したのだけれど接続して認識をするものの、30秒くらいで行方不明・・・認識しなくなる。複数のパソコンで試したがどれも同じ現象。・・・・・・・・・・・んんんん・・・・・・・多分、壊れてるな。

2016-10-05 13.09.52

っで、USBに接続するにもSSDには電気を供給しなければならない。当然だ。

確か、この変換アダプタと一緒に付いて来た電源・・・出力側に「ON/OFF」のスイッチがあるんだけど、タッチがモーメンタリ式?でどっちがONでどっちがOFFなのか分からない。

2016-10-05 13.18.26

なんで、ON/OFFが目で分かる様にLEDで表示させてみた。今回は”分かれば良い”・・・ある意味試験なんで空中配線。(一番最初の写真)

久しぶりの半田ごて・・・・お勧めはこちら 

LEDと電流制限抵抗は手持ちの物を適当に・・・・
(とは言っても・・・LEDを直接電源に繋いじゃう人も居るかも知れないんで補足は後でします)

2016-10-05 12.35.32  

したの写真の黒いプラグがSSDに接続され電気を供給します。配線が4本有るのは赤が5V、黄色が12V、黒はそれぞれマイナス(グランド)になります。多分共通なんで実際は3本で間に合うんじゃないかな。

   2016-10-05 13.19.01

っで、今回この実験で驚いたことがありました。びっくりポンですよ。

電源アダプタの出力側にある例の「ON/OFF」のスイッチ、

2016-10-05 13.18.26  こいつね。

OFFにしたら・・・5Vは切れるけど12Vは切れないんだわ。・・・・利用目的がHDD、SSD(ハードディスク、ソリッド・ステート・ドライブの略ね)の駆動目的なんだけど・・・ちょっと微妙だな。確かに5V系を絶てば制御系が絶たれるんで12Vが供給されていても問題は無いのかもしれないけど・・・気持ち悪い・・・・

すべてのアダプタがそうだとは言わないけど・・・少なくても今回の製品はMaide in Chaina・・・ 「やっぱり・・・・」 っま、仕方ないか・・・・

っで、結論は・・・使おうとしたIntelのSSDは壊れてました。・・・壊してしまいました・・・? バッタもんの電源のせいで・・・・ 直接の因果関係は分からないけど・・・ 気をつけたいものです。

あ、LEDのお勉強ね・・・

HIRO-009

LEDを使う場合は理屈は大事だよ。電流制限の抵抗器を入れないと壊れるからね。前にも記事にしたけど?LEDに直接電圧を掛けてる人がいて・・壊れた・・みたいな記事があったけど・・・

ただ、製品によっては電流制限抵抗が初めから入ってるのもあるので説明書を見ましょう。

次回は・・・「抵抗器」について・・カラー抵抗の見方と許容消費電力についてです。

って・・・おいおい・・・いつの話だ・・・・

0

Comments are closed.