背に腹は代えられない時もある。

じゃっかんオブラートに包んだ話。いいの。関係のない方々は詮索とかしなくてもいい。っま、半分妄想だと思ってくれ。

離職してから3か月・・・離職とかいうとカッコいいんだけど、要するに失業者って事だわ。・・・っま、それなりに仕事(お金にはなってる)はしてる。本前のパソコンの仕事も多少は有るんだな。この記事を読まれた方はスペースクラブ復活と言う事でPRして貰えたら嬉しいし、ご自身も利用してくださいな。よろぴこ。
掲題の「背に腹は代えられない時もある。」は・・・自分の感情に任せて誤った決断をしてしまう事なんだ。・・・・・誤ったら飯食えなくなるんだからね。 ボクはこの人生で2度かな・・仕事ではね・・・・・家族は・・・それも微妙なんだわ・・・・・っま、今更泣き言とかいう気は無いんだけど、仕方ない選択の時だって生きていくために決断や選択を余技されなくなるって事は多々あるさ。

人間だって動物、時には理性や感情を失う時が有るかも知れない・・・いや、めっちゃ有るのかも知れない。大なり小なりその連続だわ。歳をとると丸くなる?・・・・・

仲間?と飲むと冗談で”歳を取ったせいで丸みが取れて角が立ってきた・・”っていう事がる。・・・自分の人生を否定?されても笑ってられる程、丸くなんか成りたくないさ。解ってる。大人の対応・・しなきゃなんないんだけど・クソくらえだよね。自分は何をやってきたんだ・・・わからなくなる・・・ごめん、的が外れた。

大事なのは客観的に見れるかって事だ・・・・言っとくけど・・・みんなキミの味方だからね。キミの為に良かれと行動をしてる事を解かってほしい。・・・多分解ってるよね、めっちゃ大変な事、今回の事は人生最大な出来事であることには間違いない、でも、キミがキミらしくいてくれたら・・・うれしいし、そう、願ってる。

大好きなキミへ・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください