我々の知らない教えられない・・南京事件

3月 13th, 2018

驚きました・・・これが南京事件の真実でそれらについて我々はほとんど何も知らされていません。中国の汚さ・・・いや、日本以外の諸外国では日本人とは全く違う残忍な世界が有るという事を知りました。

中共がいう南京大虐殺は、ねつ造でしかありませんが、南京には、実際に起こった虐殺事件があります。これは史実です。その南京虐殺事件は、以下の4つです。

1 第一次南京事件(大正2(1913)年) 張勲軍が南京に乱入し、城内の民間人に対して 虐殺、強姦、略奪を行った事件

2 第二次南京事件(昭和2(1927)年) 国民党の国民軍が騙し討ちのような形態で南京 に入り込み、 城内で虐殺、強姦、略奪を行った事件。

3 第三次南京事件(昭和12(1937)年) 南京に陣取った国民党軍が、 日本軍がやってくるからと城内で 虐殺、強姦、略奪を行った事件。

4 第四次南京事件(昭和24(1949)年) 中共軍が南京を制圧し、資本家らを襲い虐殺、 強姦、略奪を行った事件。

これをご覧になった方の中にこんなご意見がありました。まったくその通りだと思います。

小名木さんは、経済力もある程度あり、協力してくれる人達も沢山いますなのに、この動画を英訳のテロップを流す事はしていませんね何故でしょうか?、日本人に向けて言うのは良いんですよ、それは知らない人もいるのだし構いませんでもね?、何故、これを英訳して動画として流さないんでしょうか?未だにそれをしたら、不都合があるんでしょうか何か、規制を受けるんでしょうかそうだとしたら、未だに占領国のままなんですね日本を閉じ込めておく事に多くの国が賛同しているという事実があるのだなと思いますでなければ、これは、英訳のテロップを流さないのはおかしいですよテロップも流せないで世界の人に真実すら解ってもらえないのが、未だ日本の現実なんですねいろいろ、制約があるのは解っていますその中で、ここまで動画として流して頂ける事にも感謝しますしかし、このままでは、いけませんねいつの日にか、これを英訳して堂々と世界に発信出来る日は来るんでしょうかこの動画が英訳テロップすら流せない現実が、敗戦した日本の悲しさを物語っています

皆さんはどう感じますか?

Comments are closed.