パソコン修理..ダイナブックT451

3月 19th, 2018

この記事に関して検索、訪れて下さる方が結構多いので若干修正、補足をしておきますね。
記:令和元年5月4日
パソコン修理は本業として10年以上やってたんだけど、価格の低下と様々な理由・・っま、やって行けなくなったんでサラリーマンを復活してから6年以上経ちます・・・それからは当時のお客様や”噂?”で過去のボクの業務を知ってる人が月に一人二人のペースで頼まれたら”いいよ”みたいに副業ともつかない内容での話になります。

知人から、掲題のダイナブックT451の電源が入らないので見て欲しい・・・と言う依頼でした。


最初にお話ししておきます。この修理は”誰にでも簡単に出来る修理ではありません。”それなりの技術と経験が必要です。また、すべての原因が今回の修理内容であることももちろんありません。安易にやると収拾がつかなくなる可能性もありますので十分注意して、必ず自己責任でお願いします

この機種の”電源が入らない”と言うのは今回紹介するような積層コンデンサ(チップ)の不良(短絡破壊)によるものが多いのではないかと推測されます。記事でも若干触れてますが、実装されてる部品(積層コンデンサ=チップ)には規格や型番は殆ど載ってません。大きさもホントに米粒以下の物からあずき粒くらいまでさまざま、大きすぎても小さすぎても基板のパターンに収まらなかったり、足りなかったり・・・ボクは0.1、2.2、4.7、10 μF の50V耐圧・・・・大きさ別に3種類くらいずつ用意して取り掛かりました。普通の人はそんな部品はお持ちじゃないでしょうから・・・秋月電子通商でググって入手されるのが良いでしょう。

2019-05-04 13.36.06
10個で200円位だから….4.7μFだけで間に合うかもしれない・・・送料500円位掛かるけどね。


米粒にも満たない”チップコンデンサ”なんだけど、半田で外すのが意外に厄介。マザーボードの放熱効果が半端ないようでハンダゴテの”熱”が基板に奪われていくようだ。結果的に半田ごてを2本使い、両側から暖めて・・・溶かして….外すと簡単に….あらかじめ、予備ハンダを盛っておくと…楽勝です。(取り付けも大変です)

2018-03-19 15.13.44

ネットで検索すると緑で囲ったあたりのチップが壊れたような映像やら何やらが有ったんでかなり気合を入れて調べたんだけど目視では分からないんで3個ほど外してみたが….改善されない….

もしかしたら何らかの間違いでこの記事を読まれに訪れた方の為と自分自身の忘備録としてチト詳細。

改善されない…の判断基準・・・ね。

マザーボードは裸のまま、電源コード以外はすべて外した状態でDCアダプタを接続する。この時アダプタ本体に稼働状態を示すランプ(LEDかな)が有ればそれで確認。ランプの付いてないアダプタの方が多いかもしれないけどその場合はテスターで電源コネクタの電圧を測定する。マザーボードに不具合が有る場合はLEDランプがほぼ消える….その時のコネクタの電圧は2~3ボルトに低下する。

アダプタの出力電圧の正常値は19V前後なんで…19Vから2,3Vまで低下するような大電流?が流れれば…….と言うような記事もネットには有ったが、過負荷をアダプタ側で検知し電圧を下げると思われる。いたってまっとうな保護回路だわ。

2018-03-19 15.38

っで、相当…ボードとにらめっこをしたが分からず….テスターの抵抗レンジでチップコンデンサーの両端を測定すると何個かのチップで短絡状態があることに気付き、それらを片っ端から外して行く事にした。結局、赤丸で囲った所のチップが短絡してて、それを取り払ったら、電源アダプタのランプも電圧も正常値を保つようになった。2018-03-20 09.41.36

っで、話を最初に戻すと”微妙な疑問”だわ。

”チップ積層コンデンサー”の不良で部品交換….って簡単に紹介してる記事も多いけど、その種類って相当数ある。今回?ボクが注文しただけでも4種類….容量別に0.1、2.2、4.7、10 μF だ。耐圧とか大きさなどを加味すれば数百種類になるだろう…そもそも、チップにその容量とかの記載はないし、回路図やその他の資料も99.999%入手不可能なんだと思われるけど…みなさん・・・業者さんも含め….適当に交換してんだろうなぁー…..

2018-03-20 09.22.50

え?ボクですか….適当ですわ….

2018-03-20 09.11.14

っま、短絡した部品を取り除くだけでも多分大丈夫なんじゃないかな….今回は10μFのチップを入れておきました。 治ればいいのよ。

おやすみ。

Comments are closed.