バッテリー警告灯 点灯 ^^;

12月 20th, 2016

笑いこっちゃない状況・・・かも。

hi0002

万が一オルタネーターの発電量が低下していた場合、バッテリーの電圧を使いきった時にエンジンが停止してしまいますので、今現在走行可能でも、走行はオススメしません。分からないようでしたら、車屋さんもしくはガソリンスタンドにてオルタネーターの電圧を測定して貰って下さい。警告灯が点灯したままは突然エンストしますので危険です。

おいおい・・・

一昨日ばあさんがヘアカット(パーマ&カット)したいと云うので長井の1000円カット ^^; でチョッキン&シャンプーをしてもらった後、買い物ついでに白鷹→寒河江→鶴岡→勝木→村上 経由で帰ってきた。途中、勝木辺りで暗くなってきたのでヘッドランプの点灯になったのだがこの時はまだ何ともなかったが村上の辺りだろうか写真の「タコメーター上」バッテリー警告灯が点灯してることに気付いた。

いままでこんな事は一度もない。

とは言っても”どーしようもない”ので・・・普通に走るし・・・・取りあえず無事帰ってきた。昨日、日中、町内をチョロチョロ運転したがバッテリーの警告灯は点いたままだった。取りあえずボンネットを開けベルトを確認したが異常は見られない。多少・・・「泣き」は入っているが・・悪天候のためそのまま・・・・

っで、そのまま夕方仕事に向かった。おおむね20km位走った沼沢の除雪ステーションの手前でアクセルを踏んでもスピードがでない・・・・そのうち、走行状態が不安定(表現が分かりにくくてすまん)になって来たのであわてて路肩に駐車。即効、補助ランプを消し、温風FANを止め・・・エンジンはそのままで…様子を見てたら・・・ カーステレオとカーナビの電源が切れたり入ったりの動作を繰り返していた。

やばいな・・・・

こんなところでエンストしたら仕事に間に合わん……

10分くらいしたら、どうにか落ち着いて来たんで、恐る恐る・・・発進・・・・

ぶおーん・・・・若干上り坂な事もありエンジン高回転・・・200m位走ったら警告灯が消えた!・・・・・

なんとか行けるか!!・・・・ 無事職場に到着。一安心ですわ。

今朝、その帰り・・・エンジン始動時は警告灯が点かなかったんでディーラーに行くか迷ったけど気になるんで向かった。そしたらその10分後….

ぽよよーん バッテリ警告灯点灯……

続きは次回・・・・

結果はディーラーで点検してもらって一時的には治ったけど、ディーラーを出て300m位で…..

ぽよよーん バッテリ警告灯点灯……

おいおい…. 現在もその状態は続いてる…

12/22 追記・・・

 

その後の報告です。”車・・大丈夫なんだがぁ・・・”と、M君にからかわれたんですわ・・・^^;

実はその後も警告灯は点灯したり、消えたり・・・90%点灯、10%消灯が続いてました。そこで、再度ボンネットを開けバッテリー周りを調べたら・・・なんと、バッテリー端子の接続端子が結構緩んでました。・・・ディーラーで見てもらった筈なのに・・・

どの位緩んでたかと言うと・・レンチで回してナットが軽く一周したと思います。プラス、マイナス、両方です。バッテリー側は鉛系?の端子なんで錆や腐食は少ないんだけど配線側の端子は普通にメッキの金属なんで劣化するんですね。きちんと圧着、密着してれば酸化はそれほど進まないんだろうけど、そうでない場合は酸化するみたいだよ。っま、通常は考え難い事だし、たぶんありえない事なんだろうけど、今年は色々いじくりまわした?からなぁ・・・でも、バッテリーの端子・・・外した覚えはない。

いやいや・・・最近、物忘れが激しいので自分の記憶のあいまいはハンパ無いんで・・何らかの時、いじってたのかも。

結論・・・・・・・・・・

バッテリー端子を増し締めしたあと、バッテリー警告灯は一度もでてません。

ばっちぐーですわ。これでまた遠出・・いやいや、仕事に向かえます。

心配してくれてありがとね。

 

0

Comments are closed.